HOMEに戻る

一覧に戻る

大麻の危険性についての講演会(10/24)

IMG_6399.JPG枚方少年サポートセンターより、『大麻の危険性』について、お話を聞かせていただきました。

.

乱用とは何回も使うことではなく、乱れて使うこと。つまり、大麻を1回でも吸ったら乱用です。

大麻を乱用すると、『身体の中を虫が這っている』など異常な感覚となってしまいます。また、「月に梯子がかかっている」と言ってベランダから飛び降りた人の例を紹介いただき、大麻の恐ろしさを教えてくださいました。

絶対に、大麻に手を出してはいけません。

そのための三箇条、

○大麻のありそうな場所に近づかない。

○1回目を断る。

○大麻の話を耳にしたときは、警察に相談する。

.

一度でも手を出してしまうと、やめられません。

最後に紹介いただいた、薬物依存矯正センターの患者さんの言葉が印象的です。

「1回目に断っておけばよかった」

本校だけではなく、全ての人に願います。絶対に、大麻に手を出してはいけません

本日は、貴重なお話をありがとうございました。

HOMEに戻る

一覧に戻る