HOMEに戻る

一覧に戻る

凛とした美しい滝井4 「折形」

本ホームページでは、滝井高校の『凛とした美しい人づくり教育』をご理解いただくため、一年間に亘って行われている『礼法授業』を紹介しております。

第4回は「折形」です。

.

00IMG_2327.JPG【折形について】

日本における贈答の心遣いほど、細やかな配慮はありません。白い紙で贈り物を包装することは、何より相手を尊ぶこころを表しています。かつてはその包みを、紙を折ることから「折紙」と呼んでいましたが、品物によって形を変えて折るようになったため、「折形」と呼ぶようになりました。

.

【結ぶ】

贈答の包みに欠かせないのが、結びの存在です。折形に水引をかけて結ぶことにより、更に形が整えられ、その端整な姿は、自分自身を正し、先様を敬う心を表すものと解釈されています。

.

.

礼法の授業は、日本文化室への入室から始まっています。

01IMG_2337.JPG

.

そして今日の授業では、前回学んだ「紙幣包み」から「月謝包み」と「もろわな結び」を学びました。

02IMG_2410.JPGIMG_2356.JPGIMG_2383.JPG

IMG_2396.JPG

IMG_2408.JPG

.

水引を結ぶのに苦労はしたけれど、

みんな丁寧に結ぶことができました。

.

HOMEに戻る

一覧に戻る