HOMEに戻る

一覧に戻る

凛とした美しい滝井3 「浴衣の着付け」

本ホームページでは、滝井高校の『凛とした美しい人づくり教育』をご理解いただくため、一年間に亘って行われている『礼法授業』を随時紹介しております。

IMG_2186.JPG第3回は「浴衣の着付け」、今日の授業では、実際に浴衣を着てみました。

.

まずは、小笠原敬承斎先生のブログより、「ゆかた」と題されたその一部を紹介させていただきます。

「夏は花火大会やおまつりなどがあるせいか、あらゆる場所でゆかた姿の人を目にします。

ただし、着方が残念に思えることが少なくありません。
特に若い世代の男性はウエストで帯を巻いてしまいがちなのですが、帯は腰で締めることがポイントです。
女性は胸の合わせ目、衣紋の抜き具合が品格を左右することを忘れてはなりません。

とはいうものの、ゆかたは絹の着物に比べて手軽ですし、着物に興味がある方にとって、着付けや所作を学ぶための入門として良いと思います。

自然で清潔感のある着こなしをゆかたに限らずこころがけたいものです。」

.

それでは、着付けスタートです。

01IMG_2175.JPG03IMG_2184.JPG05IMG_2199.JPG

.

慣れない浴衣、特に帯の結び方には苦労しましたが、みんな綺麗に結びあげることができました。

09IMG_2178.JPG18IMG_2241.JPG

.

みんなの浴衣姿、とても美しいですね。

20IMG_2256.JPG

HOMEに戻る

一覧に戻る