HOMEに戻る

一覧に戻る

日本学生支援機構給付奨学生の推薦基準

日本学生支援機構給付奨学生の推薦基準

大阪国際滝井高等学校

 独立行政法人日本学生支援機構(以下「機構」という)の募集する給付奨学生採用候補者を本校が決定する目的で定める。

(推薦基準)

 当該推薦基準は以下のとおりとし、下記1~3を推薦に必要な要件とする。

1.人物について

以下のすべてに該当すること

(1) 進学の目的が明確で、希望する進学先及び将来への展望がある。

(2) 校則を遵守し、生徒としてふさわしい学校生活を送っている。

(3) 学校生活全般において他の生徒と協力するなど、積極的な姿勢が見られる。

2.学力及び資質について

以下の事項について総合的に判断する。

(1) 1年生、2年生の評定平均値が3.5以上であることを原則とする。ただし、社会的養護を必要とする生徒等(注1)については別途考慮する。

(2) 課外活動、生徒会活動、ボランティア、地域活動、英語検定試験、漢字検定試験等の受検結果、その他これらに準ずる活動の状況

3.家計について

生計を維持する者が、以下のいずれかに該当し、生活環境などを勘案して、親権者からの支援が見込めない等、その者の進学が非常に困難な状況であると認められること。

なお、該当者の選考にあたっては、贈与税の非課税措置が適用される直系尊属からの教育資金一括贈与の受贈者かどうかも考慮する。

(1) 市町村民税所得割を課されていない(奨学金申込み年度の課税証明書の記載による)。

(2) 生活保護を受給している(奨学金申込日現在で保護費を受給していること)。

(3) 社会的養護を必要とする生徒等

(選考手続き)

給付奨学生採用候補者は、当該奨学金を申し込む生徒のうち、機構から提示される推薦枠の人数の範囲内で、本校選考委員会の議を経て校長が決定し推薦する。ただし、社会的養護を必要とする生徒等については推薦枠の範囲外で推薦することができる。なお、選考委員会の委員は下記の者とし、委員長は教頭とする。

(1) 教頭

(2) 教務主任

(3) 進路指導主任

(4) 生徒指導主任

(5) 第3学年主任

(6) 選考対象となる生徒の担任教員

 注1:社会的養護を必要とする生徒等とは、奨学金の申し込み時において以下の施設等に入所または入所が見込まれる生徒等をいう

(ア) 児童養護施設(児童福祉法第41条に規定する施設)

(イ) 児童心理治療施設(同法第43条の2に規定する施設)

(ウ) 児童自立支援施設(同法44条に規定する施設)

(エ) 児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)を営む者(同法第6条の3第1項に規定する事業を行なう者)

(オ) 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を営む者(同法第6条の3第8校に規定する事業を行なう者)

(カ) 里親(同法第6条の4に規定する者)

HOMEに戻る

一覧に戻る