HOMEに戻る

一覧に戻る

合同朝礼あいさつ(5/16)

皆さん、おはようございます。新学期が始まって一ヶ月半がたちました。

illustrain10-aisatu01.png 4月から正門のところで皆さんの登校の様子を見ながら、「おはよう」と声をかけています。皆さんが笑顔で「おはようございます」と返してくれると本当に気持ちのよいものです。中には、私が言うより先に「おはようございます」といってくれる人も増えてきました。挨拶と言うのは、コミュニケーションの基本です。学校には、いろいろな用事で外部の方がお見えになります。先日、授業参観で保護者の方がたくさん来られていました。皆さん、ちゃんと挨拶をしていましたか。

これから皆さんの進路のことで、大学・専門学校や企業関係の方が学校へ来られる機会が増えます。ぜひ、校内ですれ違ったら皆さんから「こんにちは」と笑顔で挨拶をしてください。学校に対する印象がよくなることは間違いありません。こんなすばらしい生徒がいる学校だったら是非来てほしいということになるかもしれません。社会へ出たらまず、挨拶がきちんとできるかどうかがその人の評価を決める大きな要素になります。普段から自然にあいさつができるように習慣づけましょう。

.                            <軽音楽部から180516_085130.jpgの挨拶>

さて、まずはクラブ活動での活躍の報告です。

 軽音楽部が全国高等学校軽音フェスティバルへの出場を決めました。6月10日に大阪城音楽堂で開催されます。このあと生徒会から激励があります。

 また、フェンシング部2年の寺園さんが個人サーブルの部でインターハイ出場を決めました。フルーレ個人と団体の予選がこれからまだ残っていますのでそちらも頑張ってほしいと思います。

.

 102e6d0b6f211525cc2455d9473086f603c9d7b2.jpgもう一つはコース名の変更についてです。来年度の入学生から、現在の標準コースを「総合進学コース」に変更し、授業内容も一部変更します。今の在校生の皆さんは卒業まで「標準コース」の名称を使います。これまでも標準コースは、国際科や普通科の他のコースとは違い、高校へ入学するときにまだ将来についてはっきり決めていない人が、高校へ入ってからじっくり自分の将来について考えたい人向けのコースで、卒業後の進路も大学、短大、専門学校や就職も含めて幅広い分野へ進んでいます。それが受験生にもはっきりとわかるように、「総合進学コース」と名前も変えることにしました。

.

 今日は、「自己肯定感」について話をします。「自己肯定感」つまりわかりやすく言えば、自分に自信が持てるかどうかということです。ある国際比較調査によりますと、日本の高校生は他の国の高校生に比べると極めて低い結果が出ています。「今の自分に満足している」という質問に対して、日本は42%で,米中韓では62%~76%とかなり開きがあります。さらに興味深いのは、ネット利用時間の長い人ほど自己肯定感が低いという結果が出ています。「あまり得意なことがない」という質問に対して、一日三時間以上の利用者は62%、逆に一時間未満は50%となっています。さらに、日本国内の調査で、「自分にはよいところがある」という質問に対して、小・中・高と進むに従って数値が低くなっています。

では自己肯定感が低い原因は何なのでしょうか。専門家によると、子供時代に親や身近な人から、

609c7c755410b024a408442767d3184afbe49608_l.jpg•虐待を受けていた事がある   

•否定される事が多かった

•あまり褒められなかった    

•自分で選択する機会が少なかった

•過保護に育てられた      

•子供時代に親が話をあまり聞いてくれなかった

などの原因が考えられるとされています。

 このようにこれまで育ってきた環境だけでなく、個人の性格にも原因があります。たとえば、完璧主義の人は少しでも至らない部分があると自分はダメな人間だと思い込んでしまいます。また、新しいことにチャレンジするときは、うまくいくこともあればうまくいかないこともあります。そのときに大切なのはプラス思考に切り替えること、つまり、できなかった自分を責めるより、少しでもできるようになった自分をほめることです。そうすると達成感が生まれ自己肯定感も高まります。

 それともう一つ大切なことは、自ら肯定的な言葉を使うことです。周りの人に対して、いいところを見つけてほめるようにする習慣が身につけば、自然と自分のいいところも意識するようになります。逆に人のあら探しばかりしていると、自分の悪いところばかり意識してしまいます。

 外国の高校生と接していると、日本の高校生よりも大人っぽく見えます。これは外国では高校生は大人として扱われるのに対して、日本ではまだ子ども扱いされることが多いからかもしれません。それと自己肯定感との相関関係もあると思います。是非皆さんは自分に自信が持てるように日頃の言動や意識を変えてみてはどうでしょうか。

.

来週には、5月考査があります。1年生にとっては、高校で初めての定期考査です。最初につまずくと取り戻すのに大変です。いいスタートが切れるようにしっかり準備をしてください。3年生にとっては、進路決定に向けて非常に大事なテストです。最後まであきらめずにがんばりましょう。2年生にとっては、テストが終われば、楽しい修学旅行が待っています。気持ちよく参加できるように、授業に集中してテストに備えましょう。

 

HOMEに戻る

一覧に戻る