先生の声

外国語科(英語)Carl Arvidson カール・アービドソン

Hello! At Osaka International Takii High School, you can have many chances to learn and communicate in English. Every student takes English Conversation classes. These classes are split into small groups, each with a native English speaker, so you can have the best chance to practice communication in English

If you join the Global Studies Course, you will have homeroom in English. It will be hard at first, but you can gradually get used to it. In addition, we have many more special English classes and activities for you. Good luck, and we hope to see you at Takii High School!

みなさん、こんにちは。私たちの学校では英語を使ってコミュニケーションをとるチャンスがたくさんあります。英会話の授業では、少人数のグループに分かれてネイティブスピーカーの先生と勉強します。英語を使って話す機会がたくさんあります。

もし、国際科に入学すれば、朝礼なども英語で行われます。最初は難しいと感じるかもしれませんが、だんだん慣れて聞き取れるようになるので大丈夫ですよ。その他にも特別な英語の授業やアクティビティがたくさんあります。滝井高校であなたに会えるのを楽しみにしています。

英語科 堺谷 由希

みなさん、こんにちは。英語科教員の堺谷由希です。
授業英語では4技能である「聴く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく取り入れています。また英語を学ぶためには文化的背景を知ることも大切です。そこで授業では、教科書の内容に沿ったDVDを鑑賞したり、音楽を紹介したり、自分の経験を話したり。「楽しくなければ授業じゃない!」をモットーにみなさんが興味を持って、自ら学びたい、と思える授業をしています。

英語科 出口雅姫子

英語科教員の出口雅姫子です。本校では「真の国際人」になるために、高い英語力の習得はもちろん、自他国の文化を尊重し、いつでも他者へのおもてなし・思いやりを忘れない姿勢を養うことを目標に指導しています。英語学習に関して、日本人はいつまでも英語が話せるようにならないと言われ続けていますが、それは間違いを恐れて積極的に話そうとしないことが原因の一つだと思います。まずは、普段から英語で話す練習をしていきましょう。積極的に話そうとする姿勢を持てば、自然に英語で会話ができるようになります。Talk to me in English!

英語科 矢田有華

こんにちは。英語科の矢田有華です。私は中学生のときに初めて英語に出会い、英語が好きになりました。英語を勉強することで、色々な国を訪れ、たくさんの人と出会い、さまざまな経験をすることができました。だからこそ少しでも語学を学ぶ魅力を生徒のみなさんに伝えたいと思っています。みなさんの中には、英語が好きな人もそうでない人もいるかもしれません。本校では、英語が好きな人はもっと好きになるように、英語が嫌いな人は少しでも好きになるように、色々な工夫をして授業をしています。英語を習得することで、みなさんの世界がさらに広がるはずです。

国語科 柴田 修一

みなさんこんにちは。国語科担当の柴田修一です。
滝井高校は「面倒見が良い」ということを大切にしている学校です。「面倒見が良い」ということは、人と人とのつながりを大切にするということです。そこには「心」を大切にする思いがあふれているということだと感じています。もちろん、毎日の中にはつらいこと、苦しいこともたくさんあります。そんなとき、先生や友達がしっかり支えてくれます。だから笑顔があふれているのでしょう。
私が顧問をしている軽音楽部では、いつも大切にしている言葉があります。 「心は一つ! All For One!」です。音楽は心を重ね一つになることから生まれるのです。みなさんも私たちの笑顔の輪に参加しませんか?

国語科 前川 知子

本校に着任して20年近くになりますが、ますます滝井高校生が好きになりました。滝井高校生は何事にもひたむきで、「しらける」といったことや「冷めた」ところがありません。学校行事やクラブ活動には全力で取り組み、良い仲間作りをしています。学習面では女子ばかりのせいか、自然と地道に努力するという習慣が身についています。「今時」の高校生とは少し違うかもしれないのですが、見ていて本当に清々しく応援したくなる生徒ばかりです。

国語科 野間 賢治

本校の生徒は、素直で優しく思いやりのある生徒が多いです。また、とても明るい雰囲気で躍動感のある学校です。時折、中学時代にいじめなど辛い経験をしたことがあるという話も聞きますが、そんな生徒も「滝井に来てよかった」と安心して楽しく学校に通っています。  勉強が苦手な生徒も、ずい分力を付けて、成長して巣立っていきます。基礎からしっかり教えます。自らの成長が実感できる学校です。

国語科 金井

あなたの夢は、何ですか?
あなたの目標は、何ですか?

自分が高校生のとき、この質問に答えることができなかった記憶があります。
夢や目標を見つける時期が早ければ早いほど、その準備にたくさんの時間を費やすことができます。たとえ失敗しても、たとえ挫折しても、何度でもやり直せばいいのです。高校生のあなたには、たっぷりと時間があるのですから。

あなたの「時間」は、あなたの「可能性」です。
その「可能性」を少しでも引き出したいと考えています。
あなたの「可能性」を引き出すために…
「難しいことを易しく。易しいことを深く。深いことを面白く。面白いことを真面目に。 真面目なことを愉快に。(井上ひさし)」、そんな授業を心掛けています。

数学科 岡田 哲

 社会に出て何か問題に出くわした時、どのようにして解決すれば良いのでしょう。その場にあるいろいろな条件を利用して、解決に至る方法を見つけ出さねばなりません。難しい数学の公式を使うことではなく、どのようにすれば出来るようになるかを考えることが数学であり、そのために数学を学ぶのだと思います。数学は考え方を自分で気付く、発見することで興味も湧き、実力もつくものです。「Find a way(方法を見つけよ)」どこまで自力で解法を思いつくか、いくつの解法を見つけられるか、そのような観点も、もちながらの授業を心がけています。数学の基礎から大学受験まで、長い道のりですが、一歩一歩進歩する自分を感じながら一緒にがんばりましょう。

数学科 小倉 敏和

みなさんは夢を叶えるために必要なことって何だと思いますか?英単語をいっぱい覚えたら、難しい数学の計算ができたら、夢が叶うのでしょうか?私はそうは思いません。もちろん、大抵の夢を叶える途中には試験が付き物ですので、最低限の学習は必要であります。しかし何より大切なことは、いろいろな経験を積んで、魅力ある人間となれるかだと思います。
本校では『全人教育』の精神の下、多くの経験と豊かな人間性を持った人材の育成に取り組んでいます。

例えば、大阪国際滝井高校には看護コースがあります。このコースでは看護実習の授業やいろんな病院への見学、看護師体験の参加など、看護コース独特のカリキュラム・行事があります。しかし、最も大切にしていることは日々の生活における人間教育です。他人を思いやる気持ち、正義感、コミュニケーション能力。そういった数字ではなかなか表れない部分が、みなさんが夢を叶えるために、また夢を叶えた後に、大きな力となると信じています。

数学科 神ア 功亮

なぜ人は考えるのでしょうか。それは人間が弱い生き物だからではないでしょうか。もちろん私も弱い人間です。だから日々様々なことを考えて生きています。悩むことつらいことたくさんあります。

考えて行動する。これは大切なことです。考えることが苦手な人も少しずつそれを繰り返すと不思議といつかできる日が来ます。その日を信じて、自分を信じて、粘り強く諦めずに頑張りましょう。もし迷ったら一緒に考え歩んでみませんか。

地理歴史科 土谷 渉

みなさんこんにちは。地理歴史・公民科の土谷渉です。毎日滝井高校で教えていて思うことは、生徒達が真面目で、素直で気さくであるということ。私は、そんな生徒に少しでも社会科の興味を持ってほしいと思って、授業を行っております。そのためには、教科的な知識をただ教えるだけではなく、現代とどうつながっているのか、という視点もあわせて伝えていきたいと考えております。今まさに日本は、国際社会の中でどう立ち居振る舞いをとっていくのか、正念場だと思います。教育はまさにその原点ですが、そのためには、一人ひとりがまず日本の歴史を、社会をしっかりと理解した上で、国際社会の場に立たないといけません。みなさん、一緒に滝井で勉強しませんか。みなさんと会える日を心よりお待ちしております。

理科 藤本 雅巳

科学は好きですか?
遥か彼方にある星の世界から、目には見えない原子の世界まで、
そして、遠い昔の宇宙の思い出から、輝く未来の夢まで、
私たちの周りは、科学の話題で溢れています。
料理だって立派な化学実験!
「温めてつくったゆで卵は、冷やしてもなぜ生卵に戻らないのでしょうか?」
日常の「当たり前」に「なぜ?」っていう調味料をちょっと振りかけるだけで、科学の世界は大きく広がります。
そうすれば、あなたも立派な「理系女子」、みんなでサイエンスワールドを楽しみましょう。

理科 西口 勝美

何気なく過ごしている私たちの毎日の生活。実は、とっても普段の生活と関係が深いのが「理科」の世界です。理科はあんまり好きじゃない、自分には関係ないと思っている人も知れば知るほど新しい世界が見えてきます。むつかしいことは何もありません。ちょっとしたきっかけをつかむだけです。身近に溢れる「理科」をできるだけ紹介していきますので、普段の生活のようすが少しでも科学的に見えてくれればうれしいです。

理科 豊島亜以

みなさんは科学に興味がありますか?身の回りにはさまざまな不思議で溢れています。例えば、鉛筆の芯とダイヤモンドは同じ“炭素”からできています。同じ炭素からできているのに、なぜこんなにも違うのでしょうか?科学は、そのような小さなことにも「不思議に思う力」「その不思議を解明していく力」を育てる学問です。その力はみなさんの世界を大きくし、より豊かなものにしてくれます。授業では基礎からしっかり学びます。みなさんも一緒に滝井高校で不思議に感じる力を育ててみませんか。

家庭科 平田 桂子

こんにちは。家庭科と幼児保育に必要な知識や技術を楽しく教えている、平田桂子です。 本校には様々な科・コースがあります。希望の進路に向けて一途(いちず)な生徒もいれば、まだまだ決めかねている生徒もいます。一人ひとりの生徒の納得いく進路に向けて、一緒に話し・考え・サポートしています。
22年前に、ここ大阪国際滝井高校で、私が憧れ続けた「学校の先生」になることができました。これからも「先生」であることだけに満足せず、日々努力して「多くの生徒の力になる先生」になりたいと思っています。

保健体育科 大古 麻由美

女子校として今年90年目を迎えた伝統ある本校は、私の母校でもあります。青春時代を本校で過ごした私は、尊敬する恩師の指導によって、すばらしい仲間を作り、礎となる考え方を学びました。
「心に灯を灯す教育」を行う本校は、さまざまな心動かされる行事があります。行事の主役は生徒です。教員になり、生徒の成長は無限大だと知り、日々、驚かされています。
体育では自分や仲間が目的を達成するために、努力と協力する姿が見えます。苦手なことに向きあい互いに励ます様子はほほえましい光景です。

保健体育科 原田 範子

滝井高校は、スポーツで大きな夢を持っている生徒が集まっています。全国制覇4回の歴史を持つバレーボール部を始め、毎年のようにインターハイに出場しているフェンシング部、そして私が担当しているソフトボール部も全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。滝井高校は、そんな夢を持った生徒が集まり、夢に向かって着実に前進する学校です。

芸術科(音楽)瓜生 恭宏

ようこそ!「凛とした美しい滝井」ページにようこそアクセスいただいたみなさん。「『凛とした美しい』ってなんだ?」って思った人、ぜひ滝井を見に来てください。
いろいろな夢を持った生徒が自分にあったコースで勉強や学校行事、クラブ活動に取り組んでいます。また、全員が礼法を学んで「美しい人」へと成長します。みなさんの中に眠っているいろいろな力を、滝井で開花させましょう!
滝井は、みんなが「行きたい!」と思える学校です。
「→ いきたいたきい ←」

養護 倉山友里

みなさんこんにちは。養護の倉山友里です。

みなさんは自分の体のことについてどれくらい知っていますか?どんな時に体調が悪くなるのか、どういった対処をすればよいのか…。私は日頃から「生徒自身が、自らの健康状態をよく把握し健康管理することができる」ということを目標にサポートしています。滝井の生徒が毎日笑顔で、元気に学校生活が送れるようこれからも保健室から見守り続けたいと思っています。